三者協議が延期に??

来年度以降、羽衣保育所を民営化することは残念ながら市で決定されました。

(保護者はその経緯を納得していないので訴訟を起こしておりますが)。

 

そして「民営化」という大きな変化が子供たちに影響を及ぼすことは間違いありません。

ただ、その変化を最小限に抑えるにはどうしていけばよいかを、

「高石市、来年度以降の運営会社、保護者」の三者交えて協議をする「三者協議」を

この週末9月27日(金)に開催することは、ずっと以前から決まっておりました。

 

しかし・・・。

保護者が提出した要望書(議案書)は本来の目的に沿わない内容が多く、

そのために延期にせざるを得ない、という「延期通達」を市が送りつけてきました。

 

この要望書(議案書)が民営化という変化を子供たちに影響を及ぼさないように、という

目的に沿わない要望なのか、皆様にご判断いただきたいと思い

この度議案書を公開させていただくことにしました。

 

 

こちらが、保護者が三者協議用に提出した議案書です。

↓↓↓↓↓

三者協議議案書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 248.3 KB

 

そして、この議案書に対する市の返答(延期通達文書)も合わせて

ご覧いただければと思います。

 

 

市が出してきた延期通達文書はこちら

↓↓↓↓↓

延期通達文書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 457.4 KB

 

保護者の逸脱した要求のせいで健全な協議が行えない、という趣旨の大変失礼な文書です。

保護者は子供達の健全な成長を最も望んでいるため、そのための要望を出すのは当たり前であり

その内容に関して対話・調整する場が三者協議ではないのでしょうか。

 

それなのに、突然の延期通達を出すとは。

前もって予定をあけていた保護者も多くいる中、一方的で、独断的な対応ですね。

 

市は、他の件でもこのような独断的な対応をしているのでしょうかね??

 

 

ページタイトル

ブログ更新情報

フリーマーケットに出店します! (木, 29 5月 2014)
>> 続きを読む

羽衣保育所 裁判を支援する会ニュース発行 (金, 28 2月 2014)
>> 続きを読む

ブックマーク・RSS

このページをブックマークに登録したり

RSS購読していただく場合

こちらのボタンを押してください。

↓↓